ランドクルーザーにレクサス店バージョン登場

  • 2015年11月9日
  • 趣味

トヨタの高額販売店であるレクサス店にランドクルーザーが登場しました。
一応レクサス店ではLX570と呼んでいますがどう見てもランドクルーザーそのものです。
もともとは本来のレクサス店の活躍の場である北米エリアでは古くからランドクルーザーのレクサスモデルとしてLXシリーズが販売されていたので、見方によればLXシリーズが日本のトヨタレクサス店でも販売開始されたというように見ることができるかもしれませんが、ここはトヨタの本国、あえてレクサス店から売る必要もないのでランドクルーザーのレクサス店バージョンといった方が正しいでしょう。

さて、ランドクルーザーとLXはどこが違うのかというと、まずは外観は基本となるフレームは全く同じで、フロント・リヤバンパー、フロントグリル、ヘッドライト、リヤコンビネーションランプ、前後のフェンダーパネル、ボンネットあたりに専用品が与えられているようで、ホイールなども専用品が与えられています。
インテリアはレクサス店お得意の超豪華主義でこの部分でランドクルーザーと大きな差別化を生んでいます。
そして一番の違いがエンジンとトランスミッション、エンジンはランドクルーザーが4.6リッターの1UR-FE型であるのに対しLXは3UR-FE型というV型8気筒5.6リッターエンジンが搭載されています。
これは北米で販売されているLXシリーズやトヨタのピックアップトラックに搭載されているのも出それをそっくり流用した形となっているようです。
トランスミッションもランドクルーザーの6速ATに対して8速ATとなっていますがこれも他のレクサス店モデルのものを流用したもので新しく開発されたものではありません。

レクサス 買取




コメントはまだありません


You can leave the first : )