看護師は年々勘がが鋭くなる?

  • 2014年4月25日
  • 徒然

看護師として働き始め数年もすると、多くの方が口にすることの一つとして「勘が鋭くなる」というものがあります。

感が鋭くなる、というのはまさに言葉の通りで、例えば出勤の前に「今日はなんだかアクシデントが起きそうな気がする」とか、夜勤時に睡眠中の患者さんを巡視していると「何だかこの部屋から嫌な気配を感じる」といったことが分かるようになるそうです。

雰囲気や気配に今まで以上に敏感になって悪いことはありません。しかし何故看護師さんは、勘が鋭くなってゆくのでしょうか。

こういったことが分かるようになるのは、「新人」看護師から卒業して、自分自身に対する自信や、仕事をする上でも立ち止まって考える余裕が出てきたりしている証拠であるのは間違いないでしょう。

また、そういった余裕があるからこそ、これまで以上に患者さんのことを考えることが出来るようになり、気配などを感じ取ることができるのでしょうね。

だから看護師として成長すればするほど、次第に「勘が鋭くなる」のですね。




コメントはまだありません


You can leave the first : )